MENU

子宮がんの初期症状(出血や吐き気)について

子宮がんは、がんのできる場所によって「子宮体がん」と「子宮頸がん」に分けられます。

 

子宮体がんは「子宮本体」に、子宮頸がんは「子宮の頸部(子宮の入り口)」にできるがんを言います。

 

これらを合わせて「子宮がん」と呼ぶのですが、なりやすい年齢は違います。子宮体がんは40代後半〜60代にかけて、一方子宮頸がんは20代〜30代に多く見られます。

 

子宮がんは、どちらも「自覚症状の出にくいがん」です。気付くきっかけとなるのはほとんどが「不正出血」だと言われています。

 

月経不順や閉経の前触れなどと勘違いされやすいので、見逃さないようにしたいものです。それに加えて、子宮がんになると「悪臭のおりもの」が増えてきます。

 

これは子宮内に細菌が繁殖しているためです。悪臭のおりもの=がんではありませんが、何らかの病気にかかっていることは間違いないでしょう。

 

がんが進行してくると、吐き気や食欲不振などの症状が出ることも多いです。

 

症状が出てからではすでに手遅れになっていることもあります。定期的に「がん検診」を受けるようにしてください。

 

自覚症状の少ないがんは、症状が出てから気付くのでは遅いのです。初期のうちに見つかれば、完治することも難しくありません。

 

臓器を全摘出したり、転移して取り返しのつかないことになる前に、きちんと「がん検診」を受けましょう。

 

次のページでは、気になるがん検診の費用についてご紹介します。

 

気になるがん検診の費用はいくら?