MENU

子宮頸がんの初期症状(痛みや生理)について

子宮頸がんは、女性特有のがんです。に20代や30代などの若い世代に多いという特徴があります。

 

そして、子宮頸がんのごく初期には症状はほとんどありません。子宮頸がんに気づくキッカケとなるのは、ほとんどが「不正出血」だと言います。それも性交渉のあとに出血があるのが多いようです。

 

ほかにも症状としては、

 

  • おりものが増えた
  • おりものに臭いがある
  • 腰や下腹部が痛む
  • 血尿、血便、頻尿
  • 排尿障害
  • 体がだるい

 

などがあります。

 

しかし、これらの症状が出る頃には「子宮頸がん」はかなり進行してしまっていると思ってください。

自覚症状のないがんほど怖いものはありません。特に生理不順の人は、不正出血があっても「いつもの生理不順」だと簡単に捉えてしまいがちです。

 

しかし、もしかしたらその不正出血は、子宮頸がんによる出血かもしれないのです。日頃から自分の体調や生理の様子などを観察しておきましょう。初期の段階で子宮頸がんが見つかる人は、定期的に「がん検診」を受けている人です。

 

子宮頸がんは、骨盤などの器官に転移しやすいがんです。進行すると子宮だけでなく、回りの臓器まで摘出しなければならなくなります。

 

そうならないよう、定期的にがん検診を受けましょう。初期のうちに発見することができれば、薬での治療や部分切除だけですみます。子宮頸がんの検診は、20歳を過ぎたら2年に1回は受けることをおすすめします。

 

次のページでは、気になるがん検診の費用についてご紹介します。

 

気になるがん検診の費用はいくら?