MENU

大腸がんの初期症状(便秘)について

大腸がんは、食生活の変化によって現在肺がんと共に急増しているがんの1つです。大腸がんは症状が出にくいがんとして知られています。

 

自覚症状がほとんどなく、肺や肝臓にがんが転移してから病院へ行き、実は「大腸がんだった」ということも珍しくはないのです。

 

大腸がんを早い段階で見つけるためには、ほんの少しの変化も見逃さないことが大切です。大腸がんの初期症状について、お話ししていきたいと思います。

 

下痢と便秘を繰り返す

 

大腸がんの中でも「直腸がん」に多い症状なのが、「下痢と便秘を繰り返す」という症状です。ただ、この症状は大腸がんに限ってのものではありません。

 

ストレスなどが原因で起こる「過敏性腸症候群」でもこのような症状は見られます。

 

便が細くなる

 

がんのできる場所にもよりますが、肛門の近くにがんができると便が細くなることがあります。出口が狭くなってしまうためです。

 

そのため、便秘と下痢を繰り返してしまう、というわけです。大腸がんは、早期に発見することができれば内視鏡手術で切除し、完治することも可能です。開腹しなくても良いのです。しかし、これはごく初期の大腸がんに限ります。

 

大腸がんを早い段階で見つけるには、日頃から自分の体調や便の様子を観察しておくことも大切です。そして、何よりも大切なのは「がん検診」を受けることです。

 

大腸がんのような「これといった症状」のないがんでは、定期的な検診が重要です。他のところに転移してからでは遅いです。

 

自分の健康のためにも、1年に1回はがん検診を受けましょう。

 

次のページでは、気になるがん検診の費用についてご紹介します。

 

気になるがん検診の費用はいくら?