MENU

膀胱がんの症状とは?

「膀胱がん」というがんをご存じですか?膀胱がんは、文字通り「膀胱」にできるがんのことです。膀胱がんには、どのような症状があるのでしょうか。

 

膀胱がんには、初期症状はほとんどありません。気付くきっかけとなるのは「血尿」であることが多いです。

 

膀胱炎でも血尿が出ることはあります。
膀胱炎の場合は「痛みがある」のですが、膀胱がんの場合は血尿時に「痛みはない」のです。

 

膀胱がんのときの血尿は、血尿と普通の尿を繰り返します。だんだんと血尿が出る割合が多くなってきます。

 

他にも、

 

  • 排尿時の痛み
  • 下腹部の痛み
  • 背中の痛み
  • 排尿障害

 

などが「膀胱がん」の症状になります。こうしてみると、「痛みを伴うもの」が比較的多いように感じますね。

 

膀胱炎の症状とも似ています。背中に痛みがあるとき、膀胱がんはかなり進行している可能性が高いです。

 

なぜかというと、背中に痛みがあるのは「腎臓に異常がある」ことが多いからです。膀胱にできた腫瘍が尿管をふさぐと尿がうまく出せなくなり、水ぞう症や腎于炎になっているのかもしれません。

 

尿管をふさぐほど、腫瘍が大きくなってしまっているのです。膀胱がんに限ってではありませんが、がんは早期発見がとても重要です。

 

それには日々の些細な変化を見逃さないということも大事ですが、やはり「がん検診」を定期的に受けるべきなのだと思います。

 

がん検診を受ければ、ごく初期のがんを見つけることもできます。自分の健康のためにも、がん検診を受けることをおすすめします。

 

次のページでは、気になるがん検診の費用についてご紹介します。

 

気になるがん検診の費用はいくら?